親戚の叔父の話しになるのですが、ものすごくカッコイイなと感動したことが
あったので、日記に残しておこうと思います(*^。^*)

実は、叔父は還暦で、そのお祝いにと名入れの記念品を作っていたんですよ。
酒豪の叔父らしく、日本酒の四合瓶だったのですが、その日本酒のラベルが
ものすごくカッコイイものだったのです(^^)

和紙に筆で書いたような、勢いのある文字は「感謝」でした。
還暦を無事に迎えられたことに「感謝」し
それを支えてくれた家族や友人への「感謝」の気持ちを
表現したのだと、叔父が話していましたが・・・。
その話しを聴いたときには、感動しちゃいました(*^。^*)

名入れの記念品を普通の方々が作れる時代になってきたんですね!
昔は、会社の記念品というイメージが強かったのですが・・・。
インターネットでも簡単に注文もできるようになってきましたし。
本当に便利な時代になってきましたね!